野球関連のまとめサイトです。2016年はアニキの名采配に注目!
野球なんだ

中西太とか言う三冠王4回の可能性があった選手wwwww

2017年06月09日14時00分 レジェンド・OB | TB(0) | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
1 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)02:51:16 ID:

1953年 岡本伊三美に4厘差で首位打者を逃す
1955年 山内和弘に1打点差で打点王を逃す
1956年 豊田泰光に4毛差で首位打者を逃す
1958年 葛城隆雄に1打点差で打点王を逃す(なお葛城は最終戦で1打点を上げ単独打点王に)


2 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)02:56:23 ID:

すごい


4 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:00:08 ID:

怪童弾丸ライナームラン


5 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:07:34 ID:

1950年のスーパーラビット時代にいれば50本塁打は余裕やったやろうな


スポンサードリンク


6 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:12:06 ID:

4厘差←まぁわかる
4毛差←wwwwww!??!?!!?


9 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:21:39 ID:

凄い


10 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:21:52 ID:

ちな入団2年目でトリプルスリー達成


11 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:23:12 ID:

二冠獲得4回、本塁打王5回(4年連続含む)、首位打者2回、打点王3回を高卒入団から7年目までに獲得


12 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:23:51 ID:

セカンドがジャンプして捕球しようとした球がグングン伸びていってバックスクリーン越すホームランになったとかいう逸話


13 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:25:08 ID:

>>12
ファウルチップの焦げたにおいが相手ベンチにまで届いた、スイングの音がピッチャーにまで聞こえたもあるで


14 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:28:10 ID:

なおソース


15 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:28:58 ID:

元祖チーム本塁打数を個人で上回る男


16 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:29:57 ID:

1955年、川崎球場で中西の放った地面すれすれの強烈なライナーが

ショートを守っていた有町昌昭の足を直撃、

有町は病院送りとなってしまったが、

彼はあまりの打球の速さに

一歩も動けず

グラブを差し出すことすら出来なかった。


17 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:30:34 ID:

1958年のシーズン。南海戦、

中西は1回の第一打席で先発の杉浦忠からスリーランを放った。

打った瞬間、杉浦は

「ショートライナーか左前打だ」

と思った打球がライナーのままスタンドインし、

看板を直撃した。

外野手は互いに顔を見合わせて一歩も動けなかった。


18 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:30:46 ID:

投手の肩口を抜けたライナーが伸びに伸びて

平和台のバックスクリーンを超えていった

(青田昇の証言より。

このとき青田はセンター前ヒットと思って一歩前に出たという)。


19 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:30:59 ID:

ファウルチップで焦げたボールの皮の匂いが、

マウンド上の投手まで届いた

(中西曰く、当時はバットを動物の脂で磨くことが多く、

ボールが焦げたというのは誤りであるものの、

ダッグアウトまでその匂いが届いたという)。


20 名無しさん@おーぷん 2016/11/26(土)03:31:11 ID:

素振りの音が相手ベンチまで聞こえた」

という程スイングスピードが速く大きな武器であったのだが、

あまりにも速すぎたために体への負担もまた大きく

腱鞘炎になった。

(中西が日本初の腱鞘炎にかかったプロ野球選手と言われている)

これがなければ

「率を除く全ての分野において2倍は通算成績を残していた」

と言われる。



元スレhttp://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1480096276/
スポンサードリンク

関連記事

最新記事


スポンサードリンク
    コメントの投稿



ブログパーツ